投資助言業 帳簿

行政書士 無料相談
会社概要 申請サービス 顧問サービス 顧問サービス 顧問サービス 問合せ

投資助言業とは

投資助言業に該当しないケース

投資一任業との違い

投資助言業を始めるには

登録を受けるための要件

営業保証金の供託について

新規登録申請の流れ

登録後の変更届出

事業報告書の提出

財務局管轄一覧

標識の掲示

帳簿書類の整備

本人確認

一般投資家・特定投資家の区分

契約書面

広告規制

クーリングオフ

 
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


■登録業者は準備する帳簿

登録業者は、金融商品取引法181条に定められた帳簿を社内で備えなければなりません。

金融商品取引法181条に定められている帳簿は下記になります。

帳簿名

保存年数

特定投資家の一般投資家への移行を承諾した書面

5年間

特定投資家に移行する個人が移行要件に該当したことを確認した書面

5年間

特定投資家への移行を申し出た法人の同意書

5年間

契約締結前交付書面

5年間

契約締結時交付書面

5年間

契約変更書面

5年間

投資顧問契約書

10年間

投資助言内容の書面

10年間

契約解除の申出書

5年間

帳簿の名称は、上記の名称に限りません。また、各帳簿をまとめて保存することも可能ですし、一つの帳簿を分割して保存することも可能です。

電子媒体による保存(パソコンでの保存)の場合は、金融庁が提示している監督指針に従って保存していくことも必要です。