投資助言業 顧問

行政書士 無料相談
会社概要 申請サービス 顧問サービス 顧問サービス 顧問サービス 問合せ

投資助言業とは

投資助言業に該当しないケース

投資一任業との違い

投資助言業を始めるには

登録を受けるための要件

営業保証金の供託について

新規登録申請の流れ

登録後の変更届出

事業報告書の提出

財務局管轄一覧

標識の掲示

帳簿書類の整備

本人確認

一般投資家・特定投資家の区分

契約書面

広告規制

クーリングオフ

 
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


すでに投資助言業登録を受けられている登録業者の皆様へ業務運営におけるコンプライアンス態勢の構築を含めた法務サポートや財務局への業務方法書の変更や事業報告書の提出を代行するサービスです。

○サービス内容

□コンプライアンス態勢の構築サポート

□報酬体系や助言方法等の変更に伴う業務方法書の見直し

□社内規則やコンプライアンスマニュアルの策定

□広告規制や苦情処理などの法務チェック

毎月1回程度の訪問を行い、ヒアリングを行い、コンプライアンス態勢の充実を図ります。

○依頼するメリット

1.

登録業者には、不定期に金融庁からの検査があります。検査は事前連絡もなく突然行われます。当社では突然の金融庁の検査にも対応できるよう法令遵守体制の構築をサポートいたします。

2.

参入されて間もない業者であれば、どのように社内管理体制を構築しくべきか悩まれると思います。当社では顧問契約をいただいてから一定期間のプロジェクトとして計画的に業者のスタイルに合わせて社内管理体制の構築を進めてまいります。

3.

業務方法の変更や役員などに変更があった場合の財務局への変更届なども当社が代行しますので、担当者様の業務軽減にお役に立てます。

○サービスの流れ

まずは、お電話・問合せフォーム・メールからご相談ください。問合せフォームはこちらから。

ご依頼にあたっては、お問い合わせいただいた後に、一度来社いただき、相談の時間を取らせていただいております。なお、相談は無料です。

現状をお伺いし、当社よりお客様に合った顧問の計画をご提案させていただきます。

弊社のプランや料金にご納得いただきましたらご契約になります。

月1回程度の訪問を行い、随時業務改善を行っていきます。

○法務顧問契約 スケジュールの一例

法務顧問契約をいただいたクライアントへは、下記のようなスケジュールを計画し、法令遵守態勢の構築を進めていきます。

金商法改正情報などの提供のほか、変更届などの財務局への提出を行います。

4月

契約書面見直し

5月

契約書面見直し

6月

コンプライアンス体制見直し、事業報告書提出

7月

社内研修

8月

文書管理体制チェック

9月

顧客情報管理体制チェック

10月

ホームページ見直し

11月

広告、勧誘体制チェック

12月

金融庁検査対応

1月

社内研修

2月

コンプライアンス体制見直し

3月

決算整理、各種書面確認